地元ライター記事

2023.11.28

1,272 View

【岐阜・郡上観光】長滝白山神社など白山信仰の聖域をめぐる旅

「郡上観光」といえば、古い町並みをイメージする方も多いかと思いますが、白鳥方面には、「白山信仰」にゆかりのある地もたくさんあります。
パワースポットとして有名な場所もありますよ!

白山信仰とは

富士山と立山とともに日本の三霊山の一つである「白山」は、長い間、地元の人々にとって自然の恩恵を象徴する聖なる存在として敬われてきました。

717年に越前(福井県)の僧「泰澄(たいちょう)」が初めて白山に登拝し、翌年山頂に奥宮を祀りました。以来、神々しい神の山は人々の憧れとなり、白山信仰は急速に全国に広まっていきました。

今では全国各地に白山神社が存在し、その総数は約三千社といわれ、神々しいまでの美しさは多くの人を魅了し続けています。

白山信仰の名所

今回は、郡上市にある白山信仰の名所をめぐる、一日旅に行ってきました!
白山山頂を目指す、参拝の道の一つ美濃禅定道(みのうぜんじょうどう)」を通るドライブ旅です。
偉人達もここを歩いて参拝していたんだな、と白山の偉大さを実感しました。

石徹白大杉

まずは朝、ちょっと早起きして石徹白(いとしろ)までドライブ。「石徹白大杉」を目指します。
郡上八幡からは、約1時間で到着しました。

駐車場から、山の景色を楽しみながら420段の階段をゆっくりと登ると、大杉が出迎えてくれました。
そのあまりの大きさと偉大さに圧倒されてしまい、しばらく見つめてしまいました。

推定樹齢は、1800年。幹の周りは13.4メートルの大木。昔からたくさんの登拝者を見守ってきました。
岐阜県下唯一の木の特別天然記念物(国指定)で、パワースポットとしても人気です。
朝は空気も澄んでいて、とても気持ちがよかったです。早起きしてよかった~。

石徹白大杉
住所〒501-5231 岐阜県郡上市白鳥町石徹白
駐車場普通車20台
交通アクセス白鳥インターから60分
詳細はこちらhttps://kukuruwomeguru.com/itoshiro-ohsugi/

白山中居神社

石徹白大杉から車で15分ほどの場所にある「白山中居神社(はくさんちゅうきょじんじゃ)」に到着。
景行天皇(けいこうてんのう)の御世にイザナキ、イザナミノミコトを祀ったのが始まりとされている神社ですが、実は縄文時代から既にこの場所に自然崇拝の形があったとされています。
境内に祀られている「磐境(いわさか)」がその名残です。
その後、泰澄が元々建てられていた社殿を修復し、社域を拡げたと伝えられています。

境内は、杉の巨木が林立し、荘厳な雰囲気が漂っています。

訪れた日は、10月の第3日曜日で、「笥筒投げ神事(げどなげしんじ)」という秋の例祭が執り行われており、たくさんの方が参拝されていました。

この例祭は、古事から生まれた秋の実りに感謝するもので、秋に採れた新米を突いて水で固めた「オハタキ餅」を入れた藁(笥筒)を神職さんが投げ、それを参拝客が奪い合って取るという珍しいお祭り。

新穀の豊作を祝い、大神に感謝を捧げ、来年の復活を祈る、正に神と人とが一体となって廻る大自然を讃え、大らかな古代の心を伝える例祭です。

白山中居神社Facebookより引用

この日は雨模様だったので、ブルーシートで雨除けを作ってくださっていました。
例祭がスタートすると雨も止み、光が差し、なんだか神聖な気分。
投げられた笥筒をジャンプして無事にゲット!
藁の中に、朴葉(ほうば)に包まれたお餅が入っていました。
お話によると、「石徹白では、お餅は茹でて、醤油やお味噌などの汁物に入れて食べる」とのことだったので、家に持ち帰って家族でありがたくいただきました。

白山中居神社
住所〒501-5231 岐阜県郡上市白鳥町石徹白3-48
電話番号なし
駐車場普通車20台
交通アクセス白鳥インターから40分
詳細はこちら

阿弥陀ヶ滝

車で30分ほど下って、「阿弥陀ヶ滝(あみだがたき)」へ。
滝の近くまで遊歩道が整備されていて、歩きやすく、駐車場から10分ほどで滝に到着。
日本の滝100選、岐阜県名水50選に選ばれている滝で、落差約60mあり、東海一の名瀑です。

滝つぼの近くは水しぶきがすごくて、夏は気持ちが良く、パワースポットとしても人気。
名前の由来は、室町時代天文年間、白山中宮長瀧寺の僧の護摩修行中に、阿弥陀如来(あみだにょらい)が現れたことからその名がついたといわれています。
5月~10月頃までは、周辺のお店で流しそうめんが楽しめたり、夏季限定でタイ料理を食べることもできます。
近くには釣り堀もあるので、家族でも楽しめるスポットです。

阿弥陀ヶ滝
住所〒501-5101 岐阜県郡上市白鳥町前谷
電話番号0575-82-5900(白鳥観光協会)
駐車場普通車10台
交通アクセス白鳥インターから20分
詳細はこちらhttps://kukuruwomeguru.com/amidaga-waterfall/

長滝白山神社

ランチの後は、「長滝白山神社」を参拝。
雨が降ってきてしまいましたが、雨に濡れたもみじがとってもきれいでうっとり。
長滝白山神社は、養老年間に泰澄大師が創建して以来、白山信仰の中心地となり、特に天長5年(西暦828年)天台宗を継いでからは一万三千石の寺領を持ったほど栄えたと伝えられています。

広い境内の中の中心にある拝殿では、毎年1月6日に「花奪い祭り」が行われます。
約1000年の歴史があり国指定重要無形民俗文化財の「長滝の延年」が古式ゆかしく奉納され、「延年」の舞の途中から勇壮な花奪いが行われることから「花奪い祭り」と呼ばれています。
この花を持ち帰ると家内安全商売繁盛になるといわれています。
目の前で見ると、かなり迫力のあるお祭りですよ。

境内には長瀧寺大講堂(ちょうりゅうじだいこうどう)もあります。
もとは「白山中宮長瀧寺」と呼ばれていましたが、明治の神仏分離令により、現在の長滝白山神社と白山長瀧寺に分かれました。

また、神社のそばには長良川鉄道の線路があるため、時間が合えば目の前を走る列車を見ることもできます。

長滝白山神社
住所〒501-5104 岐阜県郡上市白鳥町長滝91
電話番号0575-82-5900(白鳥観光協会)
駐車場無料駐車場あり
交通アクセス白鳥インターから10分
公式サイトhttps://maedamasaya.wixsite.com/nagataki

長滝白山神社から近い観光スポットへ

長滝白山神社の近くには、「道の駅 白山文化の里 長滝」があり、ここでモーニングやランチ、軽食を食べることができるので、立ち寄りスポットとしておすすめ。

また、施設の中には、「岐阜清流長良川 あゆパーク」や「白山文化博物館」も併設されており、大人も子どもも楽しむことができます。
この日は、魚のつかみ取りイベントが開催されており、子どもたちが一生懸命魚を追いかけていましたよ♪

道の駅 白山文化の里 長滝
住所〒501-5104 岐阜県郡上市白鳥町長滝402-19
営業時間8:30~17:30
※テナントにより異なる
電話番号0575-85-2747
駐車場普通車106台、大型3台、身障者用4台
公式サイトhttps://okumino-shirotori.com/pg728.html

神社で例年開催されるお祭り

ここでは、白山中居神社、長滝白山神社で毎年開催されるお祭りをご紹介します!
普段の威厳ある様子も良いですが、白山中居神社の季節ごとの例祭や、長滝白山神社の六日祭りなども一度は見てほしい風景です。ぜひ見に行ってみてください!

【白山中居神社】

〇春季例祭
毎年5月の第3日曜日に行われる例祭。
保安元年(1120年)から伝承されているもので、五段の神楽が奉納されます。

〇創業祭
毎年7月の第3日曜日に行われる例祭。
いにしえより中居神社設立以前に大神の留りたまう御岩屋の前で少女が舞姫となり「浦安の舞」「乙女の舞」が奉納されます。

〇秋季例祭
毎年10月の第3日曜日に行われる例祭「笥筒投げ神事」。
秋の実りに感謝し、来年の豊作を祈ります。

【長滝白山神社】

〇六日祭り(花奪い祭り)
毎年1月6日に行われる例祭。国重要無形民俗文化財の「長滝の延年」が古式ゆかしく奉納されます。
延年の舞の途中から勇壮な「花奪い」が行われるため、「花奪い祭り」とも呼ばれます。この「花奪い」とは、拝殿の高さ6mの天井に吊るされた5つの大きな花笠を人梯子を組んで奪い合うというもので、この花を持ち帰ると、豊蚕、豊作、家内安全、商売繁盛になるといわれています。

〇でででん祭り
毎年5月5日に行われるお祭りで、鎌倉時代以前から行われているといわれ、豊作、豊蚕、無病息災を祈願するものです。
みこしを御巡幸するときに、太鼓を「でででん」と打ち鳴らすところから、名付けられました。
白山三山の御神体を奉じたみこしが、白装束に身を包んだ氏子に担ぎ出され、一斉に参道の石段、太鼓橋を駆けのぼります。

〇拝殿踊り
毎年7月9日に開催される拝殿踊りの発祥祭。
その昔、白山を信仰する修行者・登拝者が、白山で受けた神託を踊りで伝えたのが始まりであり、盆踊りの原型とも伝えられています。

おわりに

今回の、白山信仰をめぐる一日旅のスケジュールはこんな感じでした。

白山の偉大さを改めて感じ、この環境や自然に感謝する旅となりました。

白山信仰の伝わるエリアには、多くのパワースポットがあり、気分もリフレッシュできます。落ち込んだときやなんだか背中を押してほしいな~と思ったときは、ぜひ足を運んでみてください。

何か発見があるかもしれません。

時間内容
7:30郡上八幡を出発
8:30石徹白大杉に到着。パワーをいただく!
10:00白山中居神社に到着。例祭に参加、参拝。
11:30阿弥陀ヶ滝に到着。マイナスイオンを浴びてリフレッシュ!
12:00ランチ
13:00道の駅でお買い物をしたり、白山文化博物館を見学。
15:00長滝白山神社を参拝。一日の感謝を伝える。

一覧に戻る
TOPへ