地元ライター記事

2024.03.21

643 View

一里野キャンプ場「HITOYAMA ICHIRINO OUTDOOR」に行ってきた

 

2023年7月にオープンしたばかり!今、石川で話題のキャンプ場「HITOYAMA ICHIRINO OUTDOOR」(読:ヒトヤマ イチリノ アウトドア)に行ってきました。
ビギナーのキャンプデビューや、小さい子と一緒のファミリーキャンプにもおすすめ! 一里野温泉スキー場の中腹にあって、周りには何も無いけれど、何も無さが逆に良い! ますますキャンプが好きになる、そんな“推し”のキャンプ場をご紹介します。

一里野キャンプ場「HITOYAMA ICHIRINO OUTDOOR」とは?

HITOYAMA ICHIRINO OUTDOOR(以下、HITOYAMA)は、一里野温泉スキー場の中腹、標高730mの丘の上にあるキャンプ場。360度、見渡す限り大自然パノラマが広がる景色の中でゆったりとした時間を楽しめます。

コンセプトは「人と山をつなぐ中間地点」。静かな山の中、耳を澄ますと聞こえてくるのは、鳥の声と風の音。自然との一体感を味わえる空に近い場所、人と山を繋ぐ場所でありたい・・・そんな想いから「HITOYAMA」と名付けられたのだとか。

©HITOYAMA ICHIRINO OUTDOOR

各サイトは広々とした空間が設けられ、プライベート感があるので周りの目も気になりません。
下記で紹介する通り、設備・サービスが整っているのでキャンプ初心者や小さい子と一緒でも安心して利用することができます。

グループサイト

グループサイトは5つ。マップの SITE1~SITE5にあたります。整地する際に出た岩と木々で区切られており、自然な環境に近づけるため外灯は設置していないのだとか。車1台乗り入れ可能です。

■1サイト(約10m×10m)につきテント2張り5名程度まで
■車1台まで乗り入れ可能

ソロサイト

ソロサイトはマップのど真ん中、センターラウンジ目前の丘の上に広がる一番大きいサイトです。広々としたレイアウトが可能なので、お気に入りの場所を見つけてゆったりとした時間を過ごせます。

■テント3張りまで
■車の乗り入れ不可
※駐車場からは近いので不便はないです。

©HITOYAMA ICHIRINO OUTDOOR

ちなみに、どのサイトもふかふかのウッドチップが敷き詰められています。地面が柔らかでテントでの寝心地も良好◎

※焚火の際は引火の恐れがあるので、必ず焚火マットが必要です。(無料レンタルあり)

センターラウンジ

HITOYAMAのシンボルとも言えるセンターラウンジ(管理棟)は24時間開放されています。建物内は大きな窓からも周囲の自然を楽しめ、非日常感にワクワクするおしゃれ空間です。

※スタッフさんの常駐は夕方まで

©HITOYAMA ICHIRINO OUTDOOR

女性用トイレ2室、男性用トイレ2室、シャワールーム2室も使用可能。シャワー室にはドライヤーも置いてあります。写真を見るとホテルみたいにキレイですよね。自販機もありました。

広々使えて清潔感ある炊事場は2カ所。個人的に蛇口からお湯が出たのが最高でした◎

※センターラウンジソロサイト側に外流しあり。鉄板や網などを洗う際はそちらをご利用ください。

焚き火コーナー

センターラウンジ内の焚火コーナーも利用可能です。スタッフさん=HITOYAMAメンバーの皆さんがそれぞれ持ち寄った本がセンス良さげでどれも気になります。

(読んでて気づいたら時間溶けていくやつ。笑)

実際に泊まってみた!

さて、諸々ご紹介して期待値が高まってきましたよね? 下記からは実際に私たちが利用した際の本音レポです!

駐車場についたなり、見渡す限りの空と緑。テンションあがります! 無駄のないスッキリとしたデザインの管理棟は、キャンプ場とは思えずどこかの別荘に来たような感覚です。

しばし景色にみとれていましたが、管理棟に入り受付にてチェックイン。笑顔の素敵な女性スタッフさんが親切に対応してくださいました。受付にはオリジナルの手ぬぐいやTシャツ、地場産品などが販売されていました。

▲焚き火シート、消化スプレー、ランタン、熊スプレー、虫除けスプレー、一酸化炭素チェッカー

ちなみに上記は無料で貸し出ししていただけます。オイルランタンかわいい…!

©HITOYAMA ICHIRINO OUTDOOR

管理棟内から見える景色にもうっとり。うん。ロケーション最高!

今回は大人4人、子ども3人での利用。ソロサイトを貸切で予約してテントを3つ張りました。

テント設営後は夕飯までのんびり。自転車に乗ったり、虫や花を見つけてみたり。それぞれ自然と触れ合うHITOYAMAならではの時間を過ごしました。

そして夕日に染まる山々がとってもきれい!! もう帰りたくありません!

夕焼けを見ながらのキャンプ飯、最高の一言に尽きます…!

シーズンの終盤(11月初旬)だったので、この日の気温は1桁。夕食後はあったかい管理棟内で焚火を囲み団欒タイム。初めて薪入れをした子ども達も喜んでいました!
居心地が良すぎてテントではなくここで眠ってしまいそう…

…と思いきや、外に出ると満点の星空! 実は二度目の訪問だったのですが両日とも当たり日!まるでプラネタリウムにいるかのように星空が本当に綺麗なんです!

いつもより近くに見えるお星様をずっと眺めていたくて、なんだか眠るのがもったいない・・・目に焼き付けるように何度も空を見上げました。

星を眺めて、眠たくなったら寝る。街の喧騒を忘れて疲れた心を癒し、仲間との絆を深めながら のんびりチルできました。

買い出しおすすめスポット

さて、ロケーションの良さは前章までで十分伝わったかと思うのですが、キャンプの醍醐味のひとつ「キャンプ飯」事情も気になりますよね?

HITOYAMAはスキー場の中腹にあるので、近くにお店がありません。「材料調達はどこでするの? 」…そんな疑問は下記で解決! 金沢方面からの道中にある買い出しおすすめスポットを2つご紹介します。

道の駅 瀬女

新鮮な獲れたて野菜はもちろん、名産のお味噌はいろんな味が勢ぞろい。ご飯のお供に、野菜ディップに、炒め物や焼き肉のタレに大活躍します。
店内には「山のパン屋さん」が併設。パン職人が焼いたミミまでやわらかいふかふか食パンはホットサンドづくりにもオススメ◎

©道の駅 瀬女
道の駅 瀬女
住所石川県白山市瀬戸163-1
(HITOYAMA ICHIRINO OUTDOOR まで車で20分)
電話番号076-256-7172
営業時間9:00~17:00(12月~3月の間は9:00~16:00)
定休日4月~5月:毎週水曜定休、12月~3月:毎週水・木曜定休
※ホワイトロード開通期間中無休(6月中旬~11月初旬)
駐車場乗用車20台、バス3台、身障者用2台
公式サイトhttps://city-hakusan.com/shopping/road_station_sena/

Aコープてどり店

国産・県産を中心に新鮮なお肉、お野菜、腕利きバイヤーが市場から仕入れてくるイキのいい鮮魚が揃っています。お惣菜も種類が豊富なので、なにかと重宝します。

©JA全農グループジャコム石川
Aコープてどり店
住所石川県白山市吉野夏116番地
(HITOYAMA ICHIRINO OUTDOOR まで車で約30分)
電話番号076-255-5566
営業時間9:30~19:30
定休日月1回(不定期)
駐車場75台
公式サイトhttps://jacom-ishikawa.acoop.jp/shop/list/shop_26.html

《白山麓は美味しいものだらけ!》

霊峰白山の山すそ・白山市には、白山から流れる豊かな伏流水のおかげで美味しい名産品がいっぱい! ちなみにHITOYAMAでは事前予約で白山麓の食材の準備もしてもらえるのだとか。

一里野の丘から麓を見下ろしながら頬張れば、美味しさも格別なものになりそうですね。

料金プラン

グループサイト ※約100㎡ テント2張り5名程度
土日祝前日平日
10,000円/サイト7,000円/サイト
ソロサイト ※おひとり様でのご利用のみ
土日祝前日平日
5,000円/人3,000円/人
貸切
土日祝前日平日
80,000円/全サイト+ソロサイト+管理棟50,000円/全サイト+ソロサイト+管理棟

 

ぱっと見だと一般的なキャンプ場より若干お高めに感じますが、実際泊まってみるとお値段以上の満足感がありますよ! 豊かな自然+快適さ=心の栄養≒プライスレスです◎

予約方法

予約は専用フォームから必要事項を入力するだけなのですが、1点だけ注意点があります。

システム上の都合で希望日時を選択したあと【午前】【午後】と2つの選択肢が出ます。ここは迷わず【午前】を選んでください。予約確定メールは「00:00〜23:00」と届きますが、「12:00〜翌11:00」での予約になります。

公式インスタグラム「ご予約方法」の投稿が、画像つきでとても分かりやすかったので、予約前に一度確認しておくとスムーズだと思います。

アクセス

■北陸自動車道小松ICから一里野温泉スキー場:車で約50分
■北陸自動車道白山ICから一里野温泉スキー場:車で約60分

本当にスキー場の中腹にあるので、入り口から林道を10分ほど走ります。初めて行く方は「本当にこの道で合ってるの?」と不安に思うかも。事前に公式インスタグラムの道案内動画を見ていくと安心です。

場内は一方通行になっているので徐行して走行しましょう。また、日没後17:00~翌8:00は車で移動できないので、買い出しなどは事前に済ませておきましょう。

まとめ

空と山に囲まれ、自然の豊かさに触れられる非日常のひととき。
仲間と過ごし心身共にリフレッシュできました。これだからキャンプはやめられない!
家族や友人と最高の思い出が出来ること間違いなしです!

HITOYAMA ICHIRINO OUTDOOR
住所石川県白山市尾添リ63
アクセス白山一里野温泉スキー場の「のだいらゲレンデ」内
(スキー場入り口より林道を10分ほど走ります)
営業期間例年は5月~10月末まで(積雪状況により前後する場合あり)
利用時間《チェックイン》12:00〜17:00
《チェックアウト》翌8:00〜11:00
駐車場あり ※17:00~翌8:00は車の移動はできません
公式HPhttps://hitoyama-ichirino.com/
公式Instagramhttps://www.instagram.com/hitoyama_ichirino_outdoor/

関連記事

白山市白峰ご当地グルメ巡り|豪雪地帯が育んだ独自の食文化

HITOYAMAがある一里野から車で約30分。白峰地区の絶品グルメをまとめました。豪雪地帯ならではの食文化や新名物“ダムカレー”にも注目です。

一覧に戻る
TOPへ